チンギス・ハーンは現代でも通用するカリスマリーダーだった!?

皆さんは、チンギス・ハーン という人物をご存知でしょうか?

もしかしたら歴史の授業で聞いたことある方が多いかもしれません。

遊牧民として生まれ、幼い頃は奴隷として過酷な生活を虐げられた経験もある

「モンゴル帝国」のちの「 」という世界史上最大国の王になった人です。

モンゴル帝国は現代の大国、ロシアよりもはるかに大きい国だったと言われています。

なぜ彼はそんな広大な国をつくることができたのでしょうか?                                                                  

その理由は、一説にはチンギス・ハーンが 多様性 を認めていたからだと言われています。

なぜ、チンギス・ハーンは多文化共生を認めたのか?

これはモンゴル遊牧民の伝統的な考え、

土地・民族・宗教の違いは関係なし

国境線の概念はない

チンギス・ハーンも先祖代々からこの遊牧民の考えを受け継ぎ、強く信じていました。

それは王になっても変わらず、

この二つの思想を考え方の軸において国をまとめていったと考えられています。

多文化共生

この言葉がチンギス・ハーンにとって大きなキーワードとなり、

その後の国の発展に大きな影響を与えましたが、

長い時代を越えた今でもこの言葉は注目すべきキーワードになると思います。

私は 多文化共生を認める ことが、リーダー要素の一つとして必要だと思います。

なぜ 多文化共生を認める ことが要素として必要なのでしょうか?

世界の長い歴史の中で、無数の争いが長い間起きていました。

今でも、国・地域によっては続いているところもあります。

その争いの中で、ほとんどの争いは 宗教・民族・文化などの違い が原因で起きていると言われています。

例えば長年中東で起きている中東戦争は、起きてしまった原因の一つが 

宗教・民族対立 だと言われています。

1994年にルワンダで起きたルワンダ大虐殺も 民族対立 によって起こりました。

2020年に入ってからは中国VS香港、中国VS内モンゴル自治区で 文化の違い による争いが激しくなっています。

どの争いもリーダーが率いて勃発・継続しています。

だとすれば、争いを終わらせる最初の一歩としてリーダーが 

多文化共生を理解し、認めれば 争いはなくなるのではないでしょうか。

チンギスハーンは東欧や中央アジアを征服した後、

民族・文化の違い関係なく皆平等の仲間である

争いはこれ以上続けてはいけない という想いで、

あらゆる民族が幸せに暮らすことができる国づくり に精進したと言われています。

最後に結論をまとめると

この説から、

現在、人種差別やコロナ差別、民族紛争が絶えず、多文化共生の必要性が問われる中で、チンギス・ハーンはそんな現代にも通用するリーダー ではないでしょうか。

リーダーは多くの人に影響を与えるほど重要な役割を担います。

そんなリーダーが 多文化共生を認めることを理解し、行動に起こせば

周りの人間も多文化共生の重要性を理解し、

多様性を認めた世界ができる  のではないでしょうか。

*チンギスハーンに関する仮説は、諸説あります。

*今回、取り上げた説とは正反対の姿を唱えた説もありますので、今回の記事が少しでも皆さまの「チンギスハーン」という人物を知るきっかけになれたらと思います。